<< 江南田代の栽培状況(2019.04.09) | main | 田代の畑の様子(2019/06/03) >>
畑を始めるときに

春になると、

畑へ訪問してくださる方が

なぜか増えてきます。

 

何かを始めよう、

なんて言う季節なんでしょうね。

 

アイアイ加藤も新しいことを

始めていますよ。

 

 

自然農法を始めようというときに、

まずはその畑の「地力」というものが

とても大事になってきます。

 

計測できれば簡単なのですが、

実際計測することは不可能、

一部を測っても全体がそうとは限りません。

 

結局は育てながら見て行く

ということになります。

 

 

地力のある畑で始めれば、

おおむね8割がたの野菜がよく育ち、

幸せな自然農法ライフが待っています。

 

それでも自然のサイクルを意識せずに

使い続けてしまうと、

3〜5年で収量が落ちてきます。

 

慣行栽培の畑を受け継いだケースでは、

残肥で野菜がたっくさんできて、

しかも残肥が熟していれば、

美味しいものができてしまい、

自分って天才!?なんて

思ってしまいますが、

2年目からさっぱりできなくなります。

 

畑を耕しまくっていたりして、

土が死んでいるケースでは、

種まきをしても、

ちょろっとしかできない状態が

数年から5年くらい、

続いてしまうこともあります。

 

適切な処置でも自然的に行なえば、

数年はかかってしまいます。

 

 

どんな畑が手に入るかで、

皆さんのモチベーションも

変わるでしょうし、

ただ環境的には

人の手が入り過ぎていて、

理想的な畑が手に入る確率は、

高くはないでしょう。

 

30年何も作っていない、

除草剤や農薬など何もまいていない、

こんな場所が理想でしょう。

 

管理しているとすれば、

トラクターや耕運機では耕していない

草刈機などで草刈りをし、

刈った草はそのまま土の上に

敷かれた状態にある、

というのが理想的です。

 

なかなかこのような畑はないですが、、

 

 

アイアイ加藤が

市役所に相談に行ったときに、

草ぼうぼうの畑はないかと聞いたら、

担当者の方は驚いていましたが、

今は説明すればわかってくれる所が

多いでしょう。

 

世の中少しずつですが、

自然農法、自然栽培が受け入れられ

変わってきてはいます。

 

家庭菜園の場合は、

人つながりで

借りるケースが多いですから、

理解ある方に相談すると良いですね。

 

これから借りようとしている方、

参考にして頂ければと思います。

 

※こういったお話などを週2回無料メルマガにて配信しています。

 興味のある方はぜひ購読してください。

https://aiainouen.com/index.php?go=r3ddnp

| コラム | 14:40 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









農と食の学び教室(無料メルマガ)


農と食の学び教室
自然農法のこと、お野菜のこと、食の安全のこと、農ライフ&食ライフに役立つ情報を無料メルマガにてお届けしています。

旬の野菜セット


旬の野菜セット
自然のままの季節のお野菜をご家庭へお届けします。

畑の見学会


畑の見学会
自然豊かな畑を見ながら、アイアイ加藤とお話しませんか。聞きたいこと、何でも聞いて下さい。毎月第2木曜日が定期日、ご要望により不定期にも開催します。

自然農法の農業体験


自然農法の農業体験
自然豊かな畑で農作業を体験してみませんか。毎週金曜日午前中を農業体験の時間としています。

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH