鉄のフライパン

アイアイ加藤家のフライパンをやっと変えることができました。

 

 

今までは普通のフッ素加工のものを使っていましたが、フッ素加工は安全面で心配な部分もあります。「フッ素加工 危険性」と検索するといろいろ出てきます。

 

テフロン加工とも言われていて、フッ素加工との違いをよくわかっていませんでしたが、デュポン社のフッ素加工の製品はテフロン加工と言うようです。

 


アイアイ加藤家は、夏野菜が多い時期は炒め物が多くなりますが、それを考えると高温でサッと炒めることのできる鉄のフライパンがいい。ただ鉄のフライパンはお手入れが大変ですから、時間のない共働き夫婦にはつらいところ。

 

それでいろいろ調べていると窒化加工というものがある。さびの防止と強度アップですね。その中で具体的な商品を探していくと、「リバーライト極」と「FDスタイル」というフライパンに行き着いてくる。以前、妻と一緒に調べていたときに、この辺りで眠くなってやめてしまい、そのままになっていました。

 


今回改めてどうしようか考えていると、やはりこの窒化加工の安全性についても気になってきます。調べてみると、リバーライトは窒化加工についてさほど詳しくふれておらず、FDスタイルは開発者である工業デザイナーの方が、窒化し固くしたうえに酸化被膜により保護した加工で特許取得済みとブログで書いていました。

 

窒化加工は元々は航空機や、自動車の部品などの表面加工の技術だそうです。FDスタイルは、フライパン用として特許をとった技術です。正直よくはわからないのですが、食品を扱う調理器具として安全に長く使いたいと考え、後者にしました。

 


ふと妻にプレゼントしようと思い、娘と息子にお小遣いから10円ずつ出してもらって3人で購入、「いつもお料理を作ってくれてありがとう。」と子ども達からママに渡しました。


やはり鉄のフライパンはいいですね。火がしっかり入るのでしょう。チャーハンでも野菜炒めでも味が違います。アイアイのピーマンやナスは、いろいろ工夫しても結局シンプルに塩で炒めたものがいちばん美味しいです。野菜の美味しさを邪魔しないのがコメ油、味に深みのある天日塩を使って、鉄のフライパンで調理するのは最高のぜいたくです。

 

ママが仕事のお食事会で夜いなかったときに、帰ってきたママに6歳の娘が言ったそうです。

 

「あんまりお腹が空いてないと思ったけど、パパが作ったピーマンがすごく美味しかったからいっぱい食べちゃった!!」

 

確かにいっぱい食べました。パパはピーマンを炒めただけ。隠し味はしょうが粉末。娘の言葉は、パパをいい気分にさせてくれます。

 

JUGEMテーマ:野菜

| 野菜の食べ方 | 17:34 | comments(2) | - | pookmark |
今日は見学会でした。

今日は小学生のお子さんをお持ちの主婦の方がアイアイの畑に見学に来られました。

 

お子さんのアレルギーやご自分の体調不良などから食の大切さを痛感し、その元の部分である畑にも興味を持ち始め、いろいろとネット検索していたところアイアイを見つけてくださったようです。

 

これまでは畑のことや野菜のことを話して終わることも多かったのですが、最近は畑や野菜の話に限らず、食全体のことについて、また医療のことや子育てのことなども含め、話題が多義に渡ってきています。

 

それだけアイアイの畑に来る方は勉強されているし、いろいろな経験もされています。アイアイ加藤も常に勉強していかないといけません。

 

食の安全を考えたときに、畑の世界はほんの一部のことであり、野菜のことを考えていただけでは何の解決にもなりません。アイアイ加藤家も調味料やお茶から始まり、いろいろなものを子ども達の安全という視点から変えていっています。

 


畑については、今一般にあるお野菜のいろいろな作られ方やそれによる味の違い、また試食などもして頂き、アイアイ野菜の美味しさはじゅうぶんに理解して頂けたように思います。

 

実はこの美味しさ、読んでいるあなたにもすぐ出すことができます。アイアイ加藤の言うとおりに、種まきしてもらえれば一発です。畑はさほど難しいことではありません。たくさん収穫しようと、欲を出すから難しくなるのです。

 

参加者の方は畑を自分やお子さん達と一緒にやることにも興味があり、家庭菜園を自然農法でやることについてもいろいろと話をしました。

 

自然農法こそ家庭菜園に向いた方法です。土を汚すことはありませんし、やり方を考えれば作業に追われることもありません。自分が動いた分だけ自然の恵みを頂く、そんな感覚でしょうか。

 

興味を持った方は、ぜひアイアイの畑を見に来て欲しいなと思います。

 

→「畑の見学会

 

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

| 農業体験・イベント | 15:35 | comments(0) | - | pookmark |
種まき、種まき

今日は夕方から雨が降っていますが、その前に種まきをしないとと思って必死の一日でした。


昨日まで風邪で2日間寝込んしまったので、体がもつか心配でしたが、たまっていた疲れがとれたのか意外とすっきり気分で畑に出ることができました。

 

とりあえずアブラナ科の野菜の第1弾、チンゲンサイの種まき後はこんな様子。

この後かるく雑草をかけます。このかけ方はひじょうにポイント。

 

 

タイヤの跡のようなものは播種機のごんべえ君、今日は大活躍でした。

 

 

これがないと終わらなかった、、

 

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

| アイアイ農園情報 | 22:33 | comments(0) | - | pookmark |
お寺さんの鐘

子ども達の写真の中で、とても大好きな1枚です。

 


アイアイ加藤家はお寺さんの近くに住んでいて、18時になると鐘が鳴ります。子ども達はこの鐘の音が大好きで、保育園の帰りなどタイミングが合うと「鳴るのを見に行きたい。」と言います。

 

10回くらい鳴りますから、「次はいつかな、いつかな。」と鐘が鳴るのを待っている姿です。自動で鳴るように設定されているので、それもまた興味をそそるようです。

 

自転車やストライダーの練習をした後なんですが、なんかとてもいい背中で、ワクワクしながら鐘が鳴るのを待っているのが伝わってきます。

 


実はアイアイ加藤にはお寺さんの血筋が入っています。すごく身近ではないものの、盆正月などは遊びに行ったりしていて、除夜の鐘などもよくつきに行きました。

 

お寺さんの雰囲気はとても大好きで、当たり前のように日本人の心が近くにあると言うのは、子ども達にとってもいいことだな〜と思っています。

 

JUGEMテーマ:育児

| 子育て | 11:07 | comments(0) | - | pookmark |
台風の影響

昨夜の台風は直撃でした。直撃は久々のような気がしますが、アイアイの畑はどうしようもないような大きな影響はなく、とりあえずはひと安心と言ったところです。

 

しかしピーマン1株だけはどうしようもありませんでした。収穫もれで実がたくさんついたままで台風を迎え、風に耐えられず枝がすべて折れてしまいました。ピーマンくん、申し訳ない、、

 

 

さすがにあれだけの強風ですから、背の高い菊芋さんは耐えられませんでした。なんとか応急処置はしておきました。

 

 

風で根が揺らされて倒れかけたり、株元が不安定になっているものは多くありました。写真は鷹のつめといんげん、鷹のつめは本日処置終了、いんげんはボチボチ直していきます。

 

 

 

2時間程度で応急処置も終了、細かい部分はまだいろいろありますが、追々やれば問題ありません。大したことがなくて良かったです。

 

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

| アイアイ農園情報 | 23:57 | comments(0) | - | pookmark |
カラスが、、

今日は大豆類の種まきをしました。

 

アイアイでは種まきの後、このようにしっかりと雑草をかけておきます。

 


こうすることでカラスなどの鳥害を防ぐことができるのですが、まだ雑草の少ない畑のため種まきしたすべてのウネにかけておくことができませんでした。

 

こちらの畑では春に落花生をことごとくやられましたから、今度はどうなるか。

 


この畑の近くには神社があり、カラスはどうもそこを拠点にしているような感じ。よくカラスを見かける畑でも、食われないときもある。不思議ですね。

 

あるときカラスがウネの上でガサガサやっているのを見かけたので、去った後に見に行ったら、ウネ上の雑草の下にお菓子が隠してありました。

 

賢いですね〜

 

 

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

| アイアイ農園情報 | 18:10 | comments(0) | - | pookmark |
メルマガのご感想

購読者の方からメルマガの感想を頂きました。

 


 

今回の新提言は、梅雨時の××は××せずに××。

 

理由の1:××の野菜の根に××。

理由の2:××し続けると、××の関係で××ばかりはびこる。

 

 アイアイ加藤さんのメルマガのすごい所は

 

ア) やり方が進化して行くところ。

イ) 新提言に対して理由が必ず述べられ、かつ、理由を意識するように誘導している所。

 

私は作業するとき、アイアイ加藤さんのメルマガにどう書いてあるか、
自然農の本にどう書いてあるか、見てやります。

 

しかし、その作業の理由に十分注目できていません。

常になぜそうするのかを問うことが大事ですね。

 

作業の理由が解っていれば、修正や応用ができます。
「どっちだったっけ」と迷ったとき、メルマガを再読することもなくなります。

 

この思考法はすべてに通じます。

今後とも、加藤さんの試行錯誤と理論化についていこうと思います。

 

よろしくお願いします。

 


 

アイアイはすでにベースとなるやり方は定まっていますが、自然に任せる部分も多く、収量を考えると不安定さは否めません。そのため自然のままに育てたときの味をキープして、収量を少しでも安定させられないかといろいろ試行錯誤しています。

 

そしてその様子は、「自然農法の家庭菜園教室」というメルマガ内でオープンにしています。

 

基本的には「人はできるだけ介在しない方が良い。」という考えがありますので、何かをするならその理由をはっきりさせ、その作業を行なう理由がわからないのならやるべきではないと考えています。また、理由がはっきりしていれば、それに合う方法であれば、どんな方法でも良いわけです。

 

その考えは当然メルマガの文章の中に現れているはずで、それをこのようにきちんとわかって頂いているということは、アイアイ加藤にとってひじょうにありがたく、嬉しいことです。

 

ちなみに「××」とちょっと消してみましたが、自然農を志している方でしたらさほど難しい話ではないかも。この写真は少しだけヒントになるかも。暇なときにでも考えてみてください。

 

 

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

| 自然農法の家庭菜園教室 | 15:14 | comments(0) | - | pookmark |

農と食の学び教室(無料メルマガ)


農と食の学び教室
自然農法に興味がある方、実際に家庭菜園を行なっている方、食の安全に気を使っている方などに役立つ情報を無料メルマガにてお届けしています。

旬の野菜セット

自然のままのお野菜をあなたの元へお届けします。

畑の見学会


畑の見学会
自然農法の畑を一度訪問してみたいと思っている方のために、アイアイ自然農園では月1回第2木曜日を畑の見学会の時間としています。

自然農法の農業体験


自然農法の農業体験
自然農法の畑仕事を一度体験してみたいと考える方のために、アイアイ自然農園では毎週金曜日午前中を農業体験の時間としています。

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH